CLOSE ×

スタッフブログ

『人間は考える葦である。』

人間は考える葦である。
これは17世紀フランスの思想家パスカルの言葉です。

パスカルは、「人間は自然のなかでもっとも
弱い一茎(ひとくき)の葦にすぎない。だが、
それは考える葦である」と述べています。

この意味は、広大無辺な宇宙に比べれば、
人間は無に等しく、「一茎の葦」のごとく弱く
悲惨な存在にすぎないが、それは「考える葦」であり、
思考によって「宇宙を包む」ことができる。
ここに人間の尊厳があり、偉大さがあるという。

仕事においても考えなければ何も変わらないが、
諦めずに考え続ければ少しでも良くすることが
出来るようになる可能性があります。
そのため、清水運輸グループのみんなが常に考えながら
仕事をしていけば豊かになることが出来ると信じています。

TOP