CLOSE ×

運輸安全マネジメント

運輸安全マネジメントとは?

運輸安全マネジメント制度は、平成17年度に起きたヒューマンエラーによる事故の多発を受けて創設された制度で、平成18年10月より開始されています。 企業等の品質管理の自己評価基準であるISO9000シリーズを参考としており、鉄道・自動車・海運・航空の運輸事業者が、経営トップから現場まで一丸となって、いわゆる「PDCAサイクル」の考え方を取り入れた形で安全管理体制を構築することである。
※国土交通省より

運輸安全に関する基本方針

輸送の安全はわが社の経営の根幹をなすものであり、事業を営む上で最も優先すべきものである。当社は第一に交通事故撲滅を目指し、従業員とその家族、周辺社会に対して安全で安心な運転を推進する。

2014年4月1日
清水運輸 株式会社
代表取締役 清水英次

運輸安全マネジメント

例・タイトル「目標」の下にある画像サイズ
一人ひとりが基本品質方針をよく理解し、高品質の物流サービスを荷主企業に提供し続けることを目指す。

方針内容
  • 配送業務における安全の徹底を図り、顧客が満足するサービスを提供する。
  • 自社・協力会社共通のマニュアルによる一体管理を行い事故、クレームの撲滅を目指す。
  • 交通事故防止活動の推進、法令順守の徹底を行う。
  • 食品物流の社会的責任を認識し、安全管理を徹底する。

目標

①運輸安全に関する基本方針

輸送の安全はわが社の経営の根幹をなすものであり、事業を営む上で最も優先すべきものである。当社は第一に交通事故撲滅を目指し、従業員とその家族、周辺社会に対して安全で安心な運転を推進する。

2014年4月1日
清水運輸 株式会社
代表取締役 清水英次

②安全方針に基づくマニュアル
輸送基準マニュアル(新人研修用)
  • 乗務前点呼について
  • 乗務後点呼について
  • 休憩時間について
  • 輪止めの使用について
  • 車両整備について
  • トラックの特性について
  • 出発前・積込前の注意事項
  • 積込中の注意事項
  • 走行時の注意事項
  • 納品先での注意事項
  • 受領書の取扱いについて
  • トラブル発生時について
  • 事故が発生した場合
  • 事故事例

③輸送の安全に関する計画
インフラ整備

車両安全装着推進
乗務員休憩施設・乗務員利用施設の整備
NASPAネット活用(適正診断装置)

従業員教育

継続的な乗務員研修の実施
新人・事故惹起者への重点教育
管理者への必要講義受講と資格取得推進
乗務員への運搬器具資格取得の推進

④安全確保に関する取組み宣言

経営者は、輸送の安全確保に関し最終的な責任を有すると共に、安全確保に関する設備設置・教育訓練を積極的に推進する。

TOP