社員インタビュー07

時間的に都合が付く人なら仕事とプライベートをうまく両立できるのではないでしょうか。
富士見営業所
夜間点呼者 村山 久美子


2014年4月に入社いたしました。前職も運送会社で事務員をやっていましたが、自宅から近い清水運輸グループが事務員を募集しているのを求人広告で知り、応募しました。清水運輸では、昼間の事務職を経験した後、自分の希望で夜勤にしていただきました。


午後9時に出社します。まず、引継ぎ、伝票処理、点呼簿の作成を行います。次に、午前0時に巡回に出ます。その後、午前0時30分くらいから1時間ほど休憩です。休憩の後はドライバーの点呼や日報の処理を行います。午前4時くらいから再び巡回を行い、出社・帰社したドライバーの点呼も行います。午前6時に昼間の点呼者に引継ぎを行い、業務終了です。


昼間を自由に使えることが最大のメリットだと思います。平日の昼間は、お店も空いており、公的な機関もガラガラです。条件的に、時間的に都合が付く人なら仕事とプライベートをうまく両立できるのではないでしょうか。