キャリアアップ制度

キャリアアップ制度

清水運輸グループでは、「現代社会に対応し生き残る体制づくりとし、新しい領域への挑戦できる人材育成及び組織づくり」を品質目標として掲げ「キャリアアップ制度」を取り入れております。
一般的に人は、経験を積み熟練するまでに1万時間の訓練(積上げ)が必要だと言われております。
キャリアアップ制度では、入社から1万時間にあたる10年目までをひとつの目安として、若手社員の登用や能力のある社員の昇進を積極的に行い、現場の目線をもつ管理職の育成に取り組んでおります。
また当社では、埼玉県で実施している「ウーマノミクスプロジェクト」を推進しており、女性のキャリアアップにも積極的に取組んでおります。
キャリアアップするごとに、役職や職位にあった資格取得支援制度や研修制度も有り、向上心があれば成長できる環境を作っております。

キャリアアップの流れ

入社7年目

資格・免許取得支援

清水運輸グループでは、社員のキャリアアップ・スキルアップをはかるために運送業務に必要な資格・免許の取得をサポートしています。

中型・大型免許

普通車(2t)以外の大きさの車両に乗る時に必要な資格です。
中型免許ですと、20歳以上で、普通免許、または大型特殊免許を受けていた期間が通算して2年以上で取ることができ、普通MT免許をお持ちの方は、技能時間15時間・学科時間1時間の法定時間があります。
普通AT免許をお持ちの方は、技能時間19時間・学科時間1時間の法定時間があります。
大型免許ですと、21歳以上で、普通免許、または大型特殊免許を受けていた期間が通算して3年以上で取ることができ、中型免許を持っていれば技能時間14時間の法定時間があります。

トレーラー免許

トレーラーを運転するには必ず必要な資格です。
普通・中型・大特殊免許以上所得者の18歳以上で取ることができ、大型・中型・普通免許を持っていれば、技能時間12時間の法定時間があります。

フォークリフト免許

フォークリフトを操作する為には必要な免許です。
フォークリフト運転技能講習を受講すると、普通自動車運転免許(中型、大型自動車でも)を持っていれば、学科講習7時間+実技講習24時間=31時間の法定時間がありますので、学科1日+実技3日または4日(講習を行なう登録教習機関によって異なります)で習得できます。
また、自動車運転免許を持っていなくても、学科11時間+実技24時間=35時間の法定時間ですので学科2日+実技3日または4日(講習を行なう登録教習機関によって異なります)で習得できます。

CLOSE ×