CLOSE ×

スタッフブログ

カパル登場!カッパー車お披露目式

2019年9月1日(日)
志木市本町通りにて行われた『第33回チャリティいろは市』にて
志木市4Rプロジェクト(大村商事株式会社 NPO法人エコスタイル
志木市文化スポーツ振興公社 清水運輸グループ)主催
カパルパッカー車お披露目式と4Rブースの運営が行われました。

お披露目された2台のパッカー車は、
『志木市4Rプロジェクト』の一環として作成され、
当社(株式会社エスユーサービス)で施工をさせて頂きました。

『4Rプロジェクト』とは、環境への負担を減らす為
4Rを推進する官民連携のプロジェクトです。

ここで4Rについて少しだけ紹介致します。
4Rとはリフューズ(Refuse)・リデュース(Reduce)・リユース(Reuse)・
リサイクル(Recycle)の4つの頭文字Rからなりたっています。

◆リフューズ(Refuse)・・・ごみになるものは断ります。
◆リデュース(Reduce)・・・ごみを減らします。
◆リユース(Reuse)・・・再利用します。
◆リサイクル(Recycle)・・・再資源化します。

志木市ではごみそのものを削減していく事を重要と考え、
一番目の『リフューズ(Refuse)』を推進しております。

このプロジェクトでは、人気キャラクター『カパル』の力を借りて、
志木市民の皆さまに4Rを知って頂くことを目的としております。

お披露目式には、たくさんのカパルファン『カパラー』の方々が
集まり大変賑わっておりました。

志木市 香川市長による挨拶では、
「皆さんに多く集まって頂き、このようなお披露目式が出来ることを大変嬉しく思います。
カッパー車を作るにあたり多くのお力を頂いて実現することが出来ました。
我々の大切な志木市、そして地球の環境は後世にしっかりと残さなくてはなりません。
今回のプロジェクトで皆さんの環境意識が向上する事、そしてその取り組みが大きな世界へと広がることを祈念申し上げます。」
とお言葉を頂きました。

その後、香川市長とカパルにより車両の除幕が行われ、
会場では「かわいい!」「かっこいい!」などの様々な歓声を頂くことが出来ました。

志木市いろは市でカパルのパッカー車ならぬカッパー車がお披露目されました!街中を走る姿が待ち遠しいです。

清水運輸グループさんの投稿 2019年8月31日土曜日

 

お披露目式の後は、ブースにてカパルのエコバッグまたはティッシュボックスの配布、
パッカー車へのゴミの投入体験が行われ、たくさんの方々にお越し頂きました。

2台のパッカー車は今後市内で運行されるとの事です。皆さま是非探してみてください。
最後にこの様な素晴らしい企画に参加させて頂き、大変嬉しく思います。
『志木市4Rプロジェクト』の皆様、ご協力いただきましたスタッフの皆様ありがとうございました。

TOP