CLOSE ×

運輸ブログ

雨の日の運転は細心の注意を!

今年は例年より梅雨の時期が長く、もう少し雨の日が続きそうですが

皆さんは雨の日の運転は注意を払って運転していますか?
雨の日は、車や自動車の『泥はね運転』に注意が必要です。

運転免許をお持の方はもちろんご存じだと思いますが、
歩行者の衣服を台無しにしてしまうだけではなく、
運転者には罰金が課せられてしまいます。

『泥はね運転』は道路交通法の違反行為です。

・道路交通法71条1号
「ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、
又は徐行する等して泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことが無いようにすること。」
違反点数はつきませんが、反則金が課せられます。
・大型車:7,000円
・普通車・二輪車:6,000円
・原付:5,000円

雨の日には普段より速度を落として運転することはもちろん、
特に水たまりやぬかるみのある場所の走行は徐行するなど、
泥はねに十分に注意をしながら安全運転を心がけましょう。

TOP