CLOSE ×

運輸ブログ

トラガールで働こう!

女性トラックドライバー[トラガール]の活躍は、年々増加傾向にあります。

それは、国土交通省を筆頭に、日本全体が運送業界並びに女性の社会進出を推奨していることが、理由のひとつとして挙げられます。

女性の社会進出に関しては、もう何年も前から唱えられてきました。

しかし、せいぜいオフィスレディ止まりであり、近年になってようやく幅広い職業への対策が講じられるようになったのです。

その広がり方は、いわゆる事務職だけでなく、営業や販売、サービス業など多岐にわたります。

もちろん、いち企業ごとの女性の採用への取り組み方も大きく影響しています。

女性の採用、さらにキャリアアップまで、各企業の取り組みも最大化しているのです。

 139f190839bbdbca58060cde3356b7cc_s

さて、以前からも取り上げているように、国土交通省のトラガール専門サイトがあります。

[トラガール促進プロジェクト]

女性トラックドライバーの活躍促進に向けての取り組みが、掲載されています。

 

女性の進出状況 「トラガール促進プロジェクトサイト」の開設

業界イメージの改善に向けた積極的な情報発信を行うため、国土交通省自動車局ホームページ内に、この「トラガール促進プロジェクトサイト」を立ち上げました。

このサイトでは、運転免許の種別ごとの取得方法や、採用活動に係るイベント情報等を紹介するとともに、全国の現役女性ドライバーの声や、関係業界等からの応援メッセージを掲載しています。

大型免許を保有している女性の活躍状況 女性トラックドライバーの活躍促進に向けて、トラガールの総理表敬時には、総理から「女性ならではの能力を活かしてぜひ頑張ってほしい」とのお言葉をいただいたところです。

国土交通省では、引き続き女性ならではの能力発揮を通じた業界の活性化を図るべく、女性トラックドライバーの活躍促進に向けて積極的に取り組んで参ります。

 

国土交通省が応援している[トラガール]

トラック運送業界は、他業種に比べて女性の進出が遅れていましたが、近年は、細やかな気配りや高いコミュニケーション能力、丁寧な運転など女性ドライバーならではの能力発揮を通じた業界の活性化を図るべく、女性トラックドライバーの活躍に注目が集まっています。

国土交通省自動車局では、トラック運送業界における女性の活躍を促進するため、女性トラックドライバーを「トラガール」と名付け、様々な取組を進めております。

 aedb74d65b07ee591d8facf9f5f52898_s

女性ならではの視点は、やはり細やかな面が強いため、荷物を運ぶ際に非常に重宝されるでしょうね。

また、動物学的に考察しても、やはり男女で視点は異なります。

古くから男性は狩猟ひとすじでした。

しかし女性は家を守りつつ、育児と家事の両方をこなしていました。

女性は多方面に意識が向けられる性質ですので、問題なく細やかな気配りや対応が可能です。

もちろん男性が気配りできないというわけではありませんが、大まかに分けての考察です。

 

トラガールの活躍促進に向けた取組の必要性

現在、トラックドライバーに占める女性比率はわずか2.4%(約2万人)にとどまっていますが、大型免許を保有する女性は全国に13万4千人以上にのぼっており、ドライバーを職業の選択肢として考える女性は潜在的には一定程度見込めると考えられます。

しかしながら、現役の女性ドライバーからは、女性であることのみを理由に就職を断られたといった声や、配送先等において女性用トイレが整備されていないといった声が上がっており、女性を雇うことについての経営者の意識改革や女性が働きやすい労働環境の整備、業界イメージの改善が喫緊の課題となっています。

このため、国土交通省では、2014年をトラックドライバーの「人材確保・育成元年」と位置付け、トラック運送業界における女性の活躍を促進していくため、積極的な情報発信や経営者に対する働きかけなどを行い始めました。

 6786f22bf6aa8b228981f6f2327af12d_s

サイト立ち上げ当初のデータですので、現在ではもうすこし増加の傾向にあります。

家事が好きな男性が一定数いるように、車の運転が好きな女性は一定数います。

その「好き」は、あくまでも趣味の範囲でした。

その「好き」を仕事にすることは、以前はほとんど不可能だったのです。

しかし現在、[トラガール]への道は大きく開いています。

最近では、男性が主夫の役割を担い、女性が外で働く逆転夫婦も増えてきていますよね。

車が好き、トラックが好き、運転が好き、……その「好き」を仕事にできる時代です。

[トラガール]として、ぜひトラックを運転してみませんか?

 

引用参考 トラガール促進プロジェクト

TOP