CLOSE ×

運輸ブログ

トラガールを楽しむ

トラガールとは、女性のトラックドライバーのことです。

トラガールってどんな方がいるのでしょうか?

きっかけは?

年齢は?

メイクは?

おしゃれは?

女性が気になるポイント、解決します。

 

 イマドキガール

押し寄せる高齢化の波の影響もあり、人材不足にあえぐトラック業界。そんななか、最近は「トラガール」と呼ばれる女性トラックドライバーが増えている。
5年前に老舗運送会社、丸五運送(愛知県瀬戸市)に飛び込んだ「ゆかちゃん」こと長江由佳さん(26才)さんも、そんなトラガールのひとり。
キレイにネイルし、つけまつげの似合う今どきのトラガールだ。

 04bd7f6050befa0f88f8b9d8af6ee7a1_s

つけまつげも、メイクも、ネイルも、自由。

もちろん行き過ぎなければ、という前提はありますが、それはどの業界の企業であっても同じですよね。

ノーメイクじゃなきゃだめ、なんて規定はありません。

ある程度の範囲さえ守れば、女性が綺麗にしていることはむしろプラスに働きます。

大きなトラックから、綺麗な女性が降りてきたらちょっと注目してしまいますよね。

そして、このトラガールの方は26歳とのことですが、正直年齢は全く関係ありません。

新卒の女性から、お子さんのいるキャリアウーマン思考の女性、あるいはパートとして務める方など、年齢も環境も異なる方々が幅広くトラガールとして働いています。

 

きっかけ

最初は4トンからスタートし、今は15トントラックに乗って県内を専門に回る。
「小さい頃、土木作業員をしていた父親が運転するユンボの横に乗せてもらった記憶があります。小学校時代からトラックの運転手になりたくて18才で普通免許を取り、20才で大型免許を取得しました。車の運転が好きなのでこの仕事は天職です。トラックの高い座席から見下ろしながら走るのは気持ちがいい。
朝5時に起きて8時に出発、午後5時過ぎに帰社して家に帰って祖母が用意してくれた肉料理をがっつり食べます。1才のときに両親が離婚して父と祖母が私を育ててくれました。だから私はおばあちゃん子で、休みの日にはおばあちゃんをマイカーに乗せてドライブに行ったりします」

 9189c9eef44f050e24e3d3971f23678a_s

現在のトラガールの方々は、こういった小さい頃の体験がきっかけになっていることが多いようです。

両親の職業であったり、たまたま道中で見たトラックに惚れ込んだりと様々です。

また、トラックの座席の高さに憧れる女性も多いようです。

空が近くなるので、晴れた日などは嬉しいですよね。

 

先輩のやさしさ

つらい、苦しいと思ったことは数少ないが、一度雪道でチェーンを装着するときに手間どったことがある。
「凍える寒さのなかで困っていたら、見知らぬ男性が『手伝ってあげるよ』と言って全部やってくれたんです。身長が152cmと小柄なので、会社でも荷物の上げ下ろしなど『やってあげるよ』と大事にしてくれます。もちろん下ネタも言われたりしますが、私も下ネタで返しますし、明るい職場です」

 

ある種、女性ならではの強みといいますか、ポイントになる点ではあります。

女性だからと言われたくない、という男前なトラガールの方もいらっしゃいます。

しかし、はじめてトラックドライバーとして活躍する女性にとっては、良いことなのかもしれません。

昔が男性社会だっただけに、女性側してはなかなか気軽に参加しにくい部分もあるでしょう。

とくに力仕事や、トラックそのものの設定など不安はたくさんあります。

男性でもトラックドライバーとしてはじめて仕事を行うときは、不安なことがいくつもありますよね。

こういった体験談から、男性女性問わず、さらに言えばとくに緊急時は企業問わず、何かあったときは先輩が手を差し伸べてくれる……というような良い関係性を築けそうだと感じます。

 

トラガールを楽しむ

b38cb7d2ef0bc500587e40425ebce338_s

仕事が楽しくて仕方がないという由佳さん。
好きな男性のタイプは「男らしい人」だと言い、恋人もトラック運転手だ。
「これから先、結婚して子供が生まれても、手が離れたら、復職したいと思っています。ずっとトラック運転手を続けたいですね」

 

ずっと勤め続けたい、そう思える仕事はとても貴重ですよね。

 

トラガールという言葉をこの日初めて知った由佳さん。
「その言葉が広がって女性ドライバーが増えるのは嬉しいですね。女性でも活躍できる仕事ですから」
そう笑顔で胸を張った。

 

女性も活躍できる仕事。

男性も女性も同じように、一丸となって活躍できる仕事。

真の[女性の社会進出]は、このような性別での差がない社会なのかもしれませんね。

是非トラガールとなって、社会を楽しんでください。

 

引用参考 女性セブン2015年3月26日号

TOP