CLOSE ×

運輸ブログ

雨の日の運転/ワイパー

まだまだ 蒸し暑く じめじめとした毎日が続いております。

このあまり愛されない「梅雨」。。。

この時期に 梅の実が熟す頃 であることからその名がついたという説もあります。 美しく季節感のある由来ですね。

もしくは 現実的にもこの時期は 大変湿度が高いので 黴(かび)がはえやすいことから 「黴雨(ばいう)」 と呼ばれたという説もあります。

また 中国でも台湾でも 「梅雨(めいゆー)」 と言うそうです。

特に 中国では 「霉雨」とも言い、 「霉」はカビ を意味するそうで、

日本の説と同じで この時期のカビにうんざりするのは 日本も中国も変わらなかったようですね。

b66af90ea565935845d6c814afaedd66_s

 

雨の日の事故

 

雨の日の事故についてのデータがあります。

平成27年度は 平成26年度よりも 雨天時間が 1%しか増加していないにもかかわらず、

雨天時の事故件数は 約6%(17.2%→22.9%)も増加しています。

平成27年度を例にとると、雨天の時間は 年間総時間の約6% に満たないにも関わらず、

雨天時に発生した 交通事故件数は 総交通事故件数の 22.9% を占めています。

晴天・雨天別での 1時間当たり交通事故件数を算出すると、晴天時は 1.0(件/時間)、雨天時では 5.0(件/時間)というデータがあり、

雨天時においては 晴天時の 約5倍 の割合で 交通事故が起きている ことが分かります。

 

では、どのような交通事故が 雨の日に増えているかというと、

晴天時は 前方の車に追突してしまう 「追突事故」 が大きな割合を占めるのに対して、

雨天時は カーブなどで側壁等に接触してしまう 「施設接触事故」 の割合が増加しています。

晴天時に比べ、雨天時の1時間あたりの 追突事故と車両接触事故は 約4倍

施設接触事故の発生件数は なんと 約24倍 とも言われています。

また 雨天時の 施設接触事故は 約7割が 60km/h以上での走行中に起きています。

雨天時にスピードを出すと、ハイドロプレーニング現象を引き起こしたり、スリップしやすくなってしまうことが原因になりますので、

雨の日は特に スピードを控え、十分な車間距離をとって 運転することが非常に重要です。

 

7ef17e30a89d8cb48f50e06ae68254fa_s

ワイパー

 

雨の日の運転は視界が悪くなり、社外の状況が見えにくくなります。

それを助けてくれるのが なんといっても 「ワイパー」 です。

ワイパーは 1903年 メアリー・アンダーソンという 米国アラバマ州の女性が発明し 特許を取得しました。

これだけの大発明をしたというのに、 当時 自動車は 一般に普及しておらず、 しかも ワイパーが必要なほど速度も出ず、

さらに、ドライバーの気を散らせ危険だ と判断されてしまった為に 売れずに、特許も期限切れとなり、

結局 彼女は 莫大な富を得ることはできませんでした。

そんな生い立ちのワイパーですが、

現在 平均的な車両のワイパーは、おおよそ一年間で 東京ドーム7個分の面積を拭く(約25~50万回)ほど 活躍していると言われています。

ワイパーの交換

ワイパーの交換

ワイパーは、ゴムの性能、ブレードの性能 の双方があってこそ 効果を発揮しますが

ワイパーブレードのゴムは 紫外線や温度差、圧縮する力などで劣化し、弾力がなくなり 硬化してしまいます。

こうなってしまうと、ワイパーが効果的に機能せず、 拭きムラや 拭き残しができてしまい

雨の日の視界が 極端に悪くなるので、定期的に交換が必要です。

ワイパーの交換には ゴムのみの交換、とブレードごとの交換 があります。

ブレードごとの交換になりますと、ゴムのみの交換の価格のおよそ 2倍が相場のようです。

使用頻度等にもよって劣化する速さは違いますが、ゴムの寿命から おおよその交換時期は1~2年ごとが目安 と言われています。

またゴムだけでなく、ブレードも交換する場合の時期については、多くのメーカーで 3年を目安に交換することを想定しているようです。

 

ワイパー交換時期のサイン

1.筋状の拭き残しができる

2.ガラスに水がにじむ

3.拭いている際に異音がする

4.拭きムラができる

 

上記のような症状が出てきたら ゴムが劣化して拭き取りができにくくなったということです。

クリアな視界の確保は とても大切なことですので 早めに交換しましょう。

また、ワイパーの機能を維持するためにも、

普段からワイパーの音や動作状態に、注意をしておくことをおすすめします。

 

ワイパーの点検

ワイパーの機能は ガソリンスタンド等にわざわざ行かなくても 自分で点検することも簡単にできます。

雨や雪の日に 肝心のワイパーが 適切に使えないのはとても危険ですので、

普段からワイパーの機能を 定期的に点検しておくことが必要です。

晴れの日でも、ウインドウォッシャー液を出し、ワイパーを使用することで ワイパーの状態を点検できます。

ワイパーの動きがスムーズかどうか、異音がしないかどうか等を確かめておきましょう。

 

 

8818d1b8d983584fbd553f59e8a08181_s

 

 

ワイパーは 自動車部品の中でも 地味で小さなパーツかもしれませんが

雨の日の運転をしっかりと支えてくれる大切な装置です。

 

梅雨明けまで あと少し?

ご自宅のカビ対策もご苦労があるかと思いますが、どうか雨の日の安全な運転のためにも 普段から点検を行い 備えてくださいね。

 

引用参考:ワイパー

TOP