CLOSE ×

運輸ブログ

「海の日」と水陸両用バス

もうすぐ 梅雨明けでしょうか

はたまた 雨の日がまだまだ続くのでしょうか

夏の快晴の空と海を仰ぐ 清々しい夏休みを待ち焦がれながら

満員電車に揺られて会社へ向かっているという方も少なくないかもしれませんね

さて

7月には 夏休み前の休息として3連休がありますよね。

近年ハッピーマンデー制度によって誕生した7月の第3月曜日「海の日」が、

もともと制定されていた7月20日に 戻るのではないかという噂があります。

海の日が7月20日に移ってしてしまうと、

7月の3連休は 高確率で失われてしまうので 先行きが気になりますね。

しかし そもそも

「海の日」とは どういった祝日なのか ご存知でしょうか?

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」として

1995年に制定され1996年から施行された国民の祝日です。

四方を海で囲まれた国は 独立・日独立・自治領を含めおよそ100ヶ国存在しますが、海の日を国民の祝日としている国は日本以外存在しないそうです。

制定した当初は7月20日だったのですが、2003年に祝日法が改正され、「ハッピーマンデー制度」が導入されると、海の日は7月20日から7月の第3月曜日へとお引越しすることになったのです。

当初の7月20日に制定されたのは下記の通りの由来がありました。

 

明治天皇が 1876年6月2日より 埼玉県・茨城県・栃木県・福島県・宮城県・岩手県・青森県の各地を御巡幸し、

7月16日に青森県から灯台視察船「明治丸」に乗船され、

北海道・函館を経由して 7月20日に神奈川県横浜市へと御帰着されました。

そして、この65年後の1941年に 村田省蔵逓信大臣が「海の記念日」を提唱し、7月20日に制定されました。

その後、海の記念日は 1996年に「海の日」へと生まれ変わり、

2003年にハッピーマンデー制度によって7月20日から7月の第3月曜日へとお引越しされました。

しかし、2014年に本来の海の日の「海の恩恵に感謝する」という意味から「単なるお祭りを開催する日」へと変化していることに気付き、

海事振興連盟により海の日を7月の第3月曜日から本来の7月20日へ移行する動きがありましたが難航しているようです。

ちなみに

海のない県(内陸県)である奈良県では、

海の日と同じ毎年7月の第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」とすることを条例で定めているそうです。

さて 当面 海の日の3連休は保持できそうですので

海の恩恵に感謝しながら ご家族やご友人と 海にお出掛けになってもいいかもしれませんね!

海の日に 最近人気が高まっているのは

海にも入って行くことが出来る観光バスだそうです。

「水陸両用バス」と言われる新しい交通手段でもあり

新しい東京・横浜、大阪、神戸などの観光レジャーとして 話題になっています。

こちらは

『スカイダック』という名称のバスをはじめ 様々な水陸両用車が存在するそうです。

そもそも水陸両用車というものは

軍事用の他、水難救助車、災害対策車両などとして使われる場合がほとんどでした。

そして その構造は 水上での航行に耐えるように水密構造になっている他、末尾に航行用のスクリューを装備しているものが多いそうです。

軍事用としては、渡河や上陸作戦などに使用され、戦車および軽戦車としての機能を持っている物を特に水陸両用戦車と呼ばれ

日本の陸上自衛隊でも 保持しているそうです。

日本においては水上を走行する場合、船舶の扱いとなるため、運転手は通常の免許のほか、船舶免許も所持する必要があるそうです。

一般的には 観光レジャーで使用される水陸両用バスは

小さなお子様でも楽しめるようになっていますので 来たる海の日に 体験してみてはいかがでしょうか

海や川に入る際の瞬間は大迫力だそうですよ!

引用参考:水陸両用バス

TOP