CLOSE ×

トップメッセージ

経営理念について

「私たち清水運輸グループは、お客様やグループ全社員とその家族、協力企業の皆様、ひとりひとりの人間を尊重し、皆様から必要とされることを誇りとして同じ目標に向かい一緒に努力すること、その成果を共に悦び合える事を目指します。」

ご挨拶

戦後昭和の高度成長期の日本には数多くの運送会社が誕生し、当社もその一つでした。 創業者は、自分の家族を養う為に車一台から事業を興しました。お客さまに恵まれ、その大きなご期待に応える為に、同じ志をもつ仲間を増やし、今度はその仲間と仲間の家族を養う為に、お客様の信頼を得て事業を拡げつづけることができました。時代は流れ、現代の運輸業はとても険しい経営環境の時代に遭遇しております。 しかしながら、ここまで私たちが生き残れたのは、それぞれの生活を豊かにする為に、同じ志をもつ仲間が、同じ屋根の下で一丸となり信じ合い尊重してきたこと、 そして、お客様を愛し、お客様から必要とされ、そのご期待にお応えしようと仲間たちと共に努力して、邁進してきたからなのだと思っております。これからも私たちは、創業の意志を受け継ぎながら、お客様のご期待にお応えできます様に更なるサービスの向上に努め、次の時代へ飛躍するべく歩んで参ります。 今後とも、清水運輸グループに皆様のご支援を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

社是
  • 「楽業偕悦」(ラクギョウカイエツ:ギョウヲタノシミヨロコビヲトモニスル)
  • 「同じ志を持った人たちが、共通の目的に向かって一致協力し、個人の「生きがい・誇り・悦び」を大切にして、苦楽を分かち合いながら、悦びをともにしていく」
社訓
  • 道義を重んずること
  • 創意工夫に努めること
  • 親を大切にすること

清水運輸グループ社員は、常に道義を重んじ「何が本当か、何が正しいのか」を価値判断の基準とします。創意工夫に努め、親をはじめお世話になった方々に対する「感謝の気持ち」と「謙虚さ」を忘れずに努力します。正直者が馬鹿を見たり、ずるい者が得をしたり、横着者が幸せになることを望みません。誠実な人、道義を重んじる人、感謝の気持ちを忘れない謙虚な人が認められる会社にします。「世の中は不公平である」と感じた時は、他責とせずに自らを「道義は重んじていただろうか」「創意工夫が足らなかったのではなかろうか」「謙虚さと感謝の気持ちをわすれていたのではなかろうか」と謙虚に反省する気持ちを大切に致します。

TOP